トップページ はじめての海外旅行TOP > 海外旅行ビギナーズ入門 > はじめてのカナダ


はじめてのカナダ

はじめて台湾を旅する人向けに、実際に旅をした日本人の目から見た印象をまとめました。(2013.01)

好感度

カナダ人の好感度は抜群によいです。会う人会う人みんな愛想がとっても良く、つたない英語でも一生懸命に聞いてくれようとしているのが伝わります。サービス業だけでなく、公的機関の人もみんな親切でした。

言葉について

フランス語圏には行ってないので分かりませんが、カナダ人の英語はきれいなので聞きやすいです。また、親切な人が多いので、こちらが理解しやすいようにゆっくり話してくれます。

チップは必要か

カナダはチップの制度がありますので、各場面で必要になってきます。旅行者は、ポーター、ホテルのルームメイド、ガイド、タクシー、レストランなど多くの場面で必要となってきます。チップ用の小紙幣を用意しておくと便利です。

なるべくチップを払いたくない人は移動はバス、食事はファーストフードやテイクアウトを利用するとあまり出費せずにすみます。

物価

カナダの物価は高いです。旅行者なので外食の機会は多いと思いますが、気軽に払えるような金額では済みません。三食外食していたらかなりの出費を覚悟しないといけません。スーパーマーケットなどでお惣菜を買っても、思ったほどは安くなりません。

カナダのお土産として代表的なメイプルシロップ、メイプルバター、メイプルクッキー、アイスワイン、スモークサーモン、皮製品などは、日本に比べて特別高いというわけではありませんが、そもそもどれも高級品なので価格も高く、お土産代はかなり高くつくでしょう。旅行費を考えるとき、滞在費、お土産代が思ったよりかかると思って計画を立てるべきでしょう。

街歩き

治安はよく、女性の一人歩きでも大丈夫です。ただし、外国であることには変わらないので気を抜くことはできません。また、私たちはアジア人は白人の中にいると目立つので、いくら治安がよいといっても注意はしなければなりません。

交通マナーはよく、歩道も広く歩きやすいので、道にも迷いにくく、比較的安全に街歩きを楽しめます。

飲酒

カナダはお酒に関しては厳しい国です。公共の場での飲酒は禁止です。パブやレストランでの飲酒はできますが、公園や道端など外での飲酒は禁止なので、日本の感覚でいると思いかけず法律違反をしているかもしれないので、注意しなければなりません。

また、お酒の購入もスーパーマーケットでは買えず、リカーストアのみとなります。国営のリカーストアでは営業時間が短く、夜にお酒を飲むために夜に買いにいっても閉まっているということになります。夜に空いている店は、民営になるのですが、やはり割高になるようです。


[海外旅行ビギナーズ入門]に戻る