トップページ はじめての海外旅行TOP > 海外旅行ビギナーズ入門 > 海外へ出発1


海外へ出発1−出国の手続き−

では、いよいよ出国します。

このページでは、日本から飛行機で出国することを前提として説明したいと思います。ではみなさん、もう空港には到着しましたね。まず搭乗手続きから入りましょう。

  1. まずは、自分の乗る便を案内板により確認。ここで時間などの変更がないか確認する。

  2. 自分の乗る航空会社のチェックインカウンターへ行き、チェックインの受付が開始されているか確かめる。通常2時間前からの受付となる。ここで、普通運賃以外のチケットの持ち主は、オーバーブッキングを回避するために、なるべく早くチェックインを済ませておこう。

    • チェックインの時に、eチケット(又は航空券)、パスポート、マイレージクラブの会員証(マイルを希望する人のみ)を提示し、搭乗券を受け取る。
    • 荷物を預けたい人はチェックインの時に一緒に渡す。その際、乗り継ぎのある人は、荷物に最終目的地のタグが貼られているか見ておくこと。
    • 荷物を預けると、クレームタグが渡される。これは荷物紛失の際に必要となるので大切に保管する。
    • 座席の希望があれば、その時に言っておく。
    • パソコンや自動チェックインの端末でチェックインできるサービスを行っている航空会社もある。


  3. 手荷物検査へ向かう。混雑時には非常に時間がかかるので、余裕を持って行動すること。

    • ここで、搭乗券、パスポートを提示する。
    • 持ち込む液体物があれば、チャック式ビニールに入れて、手荷物とは別にしておく。
    • 金属類は身に付けずに別にしておく。
    • 持ち込み不可のものはここで没収されるので注意。


  4. 出国審査へと進む。

    • ここで、搭乗券、パスポートを提示する。
    • 日本人以外は出・帰国記録のカードを提示しなければならない。
    • ここで、パスポートに出国証印のスタンプを押してもらう。
    • ここでは写真などの撮影は禁止なので、注意しよう。


  5. 出国審査を出ると、そこはもう日本国内ではない。よって、免税品を買うことができる。

  6. 搭乗開始時間が近づいてきたら、搭乗券に記されているゲートへ向かう。その際、ゲートまで思ったより遠く、行くのに時間がかかることがあるので、余裕を持って行動すること。

  7. 指定されたゲートへ行き、自分の乗る便に間違いないか確認したら、搭乗の案内があるまで待つ。

  8. 搭乗の案内放送が流れたら、通常、ファーストクラス、ビジネスクラス、体の不自由な人、子供連れを優先させ、それ以外の人は指示に従う。

はじめくん  はじめくん
大学生
ぼくの航空券は格安航空券だから、2時間前には空港に着いて、チェックインの手続きをしたよ。
花子さん  花子さん
独身OL
乗り継ぎ便の搭乗券も一緒に貰ったわ。失さないようにしないとね。
年子さん  年子さん
専業主婦
わたしは空港でツアー参加者と集合したわ。添乗員さんがすべて手続きしてくれたから、心配なかったわ。

次の記事へ: 海外へ出発2−飛行機での過ごし方−へ

スポンサードリンク

Page Topへ

海外旅行シュミレーション