トップページ はじめての海外旅行TOP > 海外旅行ビギナーズ入門 > 旅の準備1


旅の準備1−旅行の申込み−

ではまず、旅行の種類について、まとめてみましょう。

  • 個人旅行
    基本は航空券のみ。好みでホテルなどを個々に自分でアレンジしていく旅行。
  • パッケージツアー(募集型企画旅行)
    航空券、ホテル、行き先などがはじめからセットされている旅行。添乗員が同行するものや、そうでないもの、内容は様々です。
  • パッケージツアー(受注型企画旅行)
    自分達のオリジナルな内容で、プランニングは旅行代理店にまかせるやり方です。航空券、ホテル、行き先などがセットになっていますが、それもアレンジ可能。

はじめくん  はじめくん
大学生
ぼくは旅先での予定は現地へ行ってから考えるつもりだから、ぼくの条件に合うパッケージツアーは難しかったよ。だから個人旅行で行くことにしたんだ。
花子さん  花子さん
独身OL
わたしの希望に合う募集型のツアーはなかったので、受注型のパッケージツアーにしたわ。
年子さん  年子さん
専業主婦
わたしは旅行の条件が添乗員付を希望しているから、自分の条件に合った募集型のツアーから選ぶことにするわ。

では、それぞれの旅行についての注意点をまとめてみます。

個人旅行
勝手気ままな旅ができる反面、すべての手続きはすべて自分でしなくてはなりません。計画を立てるのが邪魔くさい人には向いていないかもしれません。また、責任はすべて自分にふりかかってきます。

パッケージツアー(募集型企画旅行)
ツアー内容にあるすべての手続きは自分でする必要がないので、とても気軽に行くことができます。ツアー内容は様々なので、自分の希望に合えばこれほど便利で効率的に廻れる旅行はありません。旅行中のトラブルも処理してもらえます。
しかしツアー内容を納得した上で選ばないと、不本意な結果に終わる場合があります。以下に注意する点を挙げます。
  1. 最小催行人数に満たない場合は旅行、企画を実施しない。
  2. 1人参加の場合、追加料金がかかる場合がある。または知らない人と相部屋になる場合がある。
  3. 自由時間がまったくなく、早朝から深夜までのハードなプランの可能性。
  4. 観光等を放棄することができない可能性。
  5. 違うツアーの人と一緒にされ、自分達のツアー内容にない場所まで連れて行かれ、その間待たされる。
  6. 観光よりもお土産屋優先で連れて行かれる。
  7. ホテルや航空会社がぎりぎりまで決まらない。
  8. 添乗員がはじめからついていると思っていたらそうではなかった。

などなど、ツアー内容をよく読めば回避できることも多いのですが、注意が必要です。

パッケージツアー(受注型企画旅行)
自分だけで実行するのが難しい旅のプランも、限りなく要求に答えて貰えます。また予算も割高なイメージがありますが、プランによっては必ずしもそうではありません。しかしガイドなどを頼むと、やはり割高になります。また予約などすべてのホテルに対応しているわけではないので、注意が必要です。

では、実際の旅行代理店のサイトを見てみましょう。

運営者が実際に利用したことがある旅行代理店
大手代理店からおひとりでやっているような小さなところなど様々な代理店を利用しました。大手だからよいというわけでなく、行きたい場所、内容によって専門性が高い方がよかったり、ツアー内容で決めたりと様々です。今ではもうなくなってしまった代理店も多いのですが、運営者が実際に利用した感想などを参考にしてください。

安心!大手旅行代理店
大手代理店では幅広い範囲を取り扱っており、ツアー内容も多くの選択肢があります。また、海外に支店も多く、トラブルの際にも安心です。特に人気の観光地の場合は、希望に合ったものが見つけやすいでしょう。ただし、ちょっと個性的な旅を考えている人には、無難な内容が多いかもしれません。

他にはないオリジナリティーな旅を希望する人向けの旅行代理店
あまり大手代理店では扱っていないような地域や、個性的な内容の旅を考えている人、目的がはっきりした人向けの旅行代理店です。専門性が高いので、相談にも乗ってくれます。ただし、担当者によって知識の量に差があったりする場合があります。また、不得意なエリアだと、一般的な知識のみなので、あまり大きなメリットはありません。

その他お手頃パッケージなど
店舗を持たず、主にインターネットだけで手続きができる代理店は、どんどん増えてきています。手続きも電話とメールで、旅行代金もクレジットカード決済が可能であったり、昼間動けない社会人にはありがたいです。

主に格安航空券を扱う旅行代理店
航空券だけ、又は航空券とホテルのセット販売を主に取り扱っていてます。旅行費用を安く抑えたい場合や、自由旅行を楽しみたい場合に利用するとよいでしょう。旅行期間が長い場合や旅行に慣れた人向けです。


自分に合うプランは見つけられましたか?


はじめくん  はじめくん
大学生
ぼくは、旅行代理店を通じて格安航空券を買うことにしたよ。インターネットでも買えるけど、海外旅行が初めてなので、旅行代理店へ直接電話して、色々分からないことを聞いてみたよ。
花子さん  花子さん
独身OL
わたしは旅行代理店とは、ほとんど電子メールでやりとりしたわ。言いたいことを間違いなく伝える必要があったし、昼間は仕事をしているから、時間の制約が無い電子メールが一番便利だったわ。
年子さん  年子さん
専業主婦
わたしは旅行代理店へ直接出向いて、担当の方と何度も打ち合わせしたわ。ツアー内容の補足も聞けたし、その場ですぐに対応してもらえるからよかったわ。

ここで、航空券について簡単に説明したいと思います。
航空券は大まかに分けて、普通運賃特別運賃のものに分かれます。

普通運賃
航空券の基本となる制約以外はありません。具体的には、日時、航空会社の変更が可能です。また、経路も変更可能な場合もあります。有効期限も1年間です。料金は一番高価ですが、年中一定です。だから、ピーク時などは逆に特別運賃のものと大差ない場合もあります。

特別運賃
普通運賃のものよりも制約が多いのですが、その分料金が安いです。さらに3つの種類に分かれます。

IATAペックス航空券
正規割引運賃の中でもIATA加盟全航空会社共通の運賃を割引している券です。特別運賃の中では一番高いですが、航空会社の制約を受けません。だから、往路、復路の航空会社を変えることもできます。経路変更、発券後の予約変更はできません。エコノミークラスのみとなります。

ゾーンペックス航空券
各航空会社が独自に売り出している正規割引航空券のことです。基本、格安航空券よりは少し高いですが、時期によっては逆に割安な場合もありますので、注意が必要です。席の確保や自由度の点で格安航空券を上回ります。制約は各航空会社によってさまざまです。しかし、原則、往復の航空会社は同一でなければならない、経路変更できない、予約変更ができないなどの条件があります。この中でも事前購入を条件とするAPEXが一番安くなります。原則エコノミークラスのみです。

格安航空券
旅行会社がパッケージなどで利用する団体用(GIT)のものや、個人用(IIT)のものがあります。これはパッケージツアー用の航空券であるため、本来は個人への販売はできないことになっているのですが、実際は旅行会社を通じてならば買うことができます。料金も利用客の混雑時期や扱う旅行会社によって変わってきます。政府認可の公示運賃ではないため、有効期限等の条件はさまざまです。原則、航空会社は変更できない、往復の航空会社は同一でなければならない、払い戻しできない、経路変更できないなどの条件がほとんどです。時期によっては必ずしも一番安いわけではないので、色々と調べてみましょう。エコノミー、ビジネスクラスにあります。

航空券の種類はについて、大まかですが説明しました。詳しい内容が知りたい方は旅行会社のホームページなどで調べてみて下さい。


次の記事へ: 旅の準備2−パスポートの申請−へ

スポンサードリンク

Page Topへ

海外旅行シュミレーション