トップページ はじめての海外旅行TOP > おみやげでワールドクッキング > にんにくとパセリのブイヨン >



今回これを使いました!




にんにくとパセリのブイヨン

おすすめ度★★★★

購入国    ノルウェー

日本ではブイヨンの種類があまりありませんが、ヨーロッパに行くと、日本で見かけないような種類のブイヨンをたくさん見かけます。これは絵がおいしそうだったので、購入しました。

コメント

カレールウみたいな入れ物に、小分けにされていました。何となく、エスニックな香りがします。にんにくのせいでしょう。ペースト状になっていて、スプーンで掻き出さないと、きれいに取れません。




♣ にんにくとパセリのブイヨンを使ったレシピ ♣




作り方
1.5リットルの水を沸かし、牛すね肉を煮込みます。アクが出たら取り、肉がやわらかくなるまで、弱火で約1時間煮込みます。
(水は蒸発して、ちょうど1リットルくらいになる)
材料は大きめにざく切りします。
肉が柔らかくなったら、キャベツ以外の材料と月桂樹の葉、にんにくとパセリのブイヨンを入れて、約40分煮込みます。
塩こしょうし、普通のブイヨンを入れて味を調整します。
キャベツを入れたら、すぐに火を止めます。余熱でキャベツが柔らかくなったら完成です。

コメント
 

ポトフはフランス風おでんです。肉もチキンやソーセージでもいいし、野菜は家にある余り野菜でよいです。今回は牛肉を使いました。食べてみると、とてもやさしい味がしました。そんなににんにく臭くもなく、無難な味付けでした。大根があっさりとしているのでしょう。最後の残った汁は牛肉のダシがきいて、とてもおいしくて、飲み干してしまいました。

 

レシピ一覧