トップページ はじめての海外旅行TOP > おみやげでワールドクッキング > 農心チゲラーメンとスパム >



今回これを使いました!





農心チゲラーメンとスパム

おすすめ度★★★★

購入国    韓国・ソウル

農心は日本では辛ラーメンで有名ですが、農心だけでも本場韓国には日本ではあまり売っていない多くの種類がありました。チゲラーメンのチゲとは韓国の鍋料理のことですが、最近は日本で韓国料理がブームなので、知っている人も多いことでしょう。
スパムは韓国では、アメリカホーメル社のライセンス契約で地元で作られているそうです。いわゆるランチョンミートのことです。日本では沖縄関連の店や輸入品店などで買えますが、普段から食べている人は少ないですね。ところが、韓国ではスパムは人気の食品なのです。

コメント

チゲラーメンなので、スパムも使ってプデチゲ(部隊チゲ)を作ることにしました。このチゲは一般的には初めからラーメンを入れていて、スパムや魚肉ソーセージなどの具が特徴的です。味付けはちょうどラーメンのスープがあるので、それを利用することにしました。




♣ 農心チゲラーメンとスパムを使ったレシピ ♣




作り方
水550mlを沸かして、食べやすく切ったスパム、魚肉ソーセージ、しめじ、長ねぎ、木綿豆腐を入れ、しばらく煮込みます。
ラーメン付属品の乾燥野菜と粉スープを入れます。
最後にトック、白菜キムチ、手であらかじめ割ったラーメンを入れ、とろけるチーズを散らして、4分30秒煮込んだら出来上がり。
コメント
 

ダシが浸みこんだラーメンはおいしく、チーズはまろやかで、普通のキムチ鍋よりもやわらかい味わいでした。ただ、夫はチーズが気に入らないようだったので、苦手な人も多いかもしれません。スパムは、わたしはそれほど好きじゃないのですが、チゲに入れて他の具と一緒に食べたらおいしかったです。

 

レシピ一覧