トップページ はじめての海外旅行TOP > おみやげでワールドクッキング > クノール酸辣湯の素 >



今回これを使いました!




クノール酸辣湯の素

おすすめ度★★★

上海料理の説明はこちら
台湾料理の説明はこちら

購入国    中国・北京

以前、マギー陳醋酸辣湯とクノール港式酸辣濃湯のスープの素の食べ比べをやりましたが、今回は材料は少し変えて、味付けは同じにして、クノール酸辣湯の素を使って、酸辣湯を作ってみました。以前のクノール港式酸辣濃湯の評価はいまいちでしたが、今回はどうでしょうか。

コメント

北京で訪れたお店にはクノールとマコーミックしかなく、マギーは見かけませんでした。






♣ クノール酸辣湯の素を使ったレシピ ♣




作り方
なべに水3カップを沸騰させます。材料は食べやすい大きさに切ります。
沸騰したらシイタケ、きくらげ、竹の子、長ねぎを入れます。
2分ほど煮込んだら、豆腐を好みの大きさに切りなべに入れます。
再沸騰したら火を弱めて酸辣湯のスープの素を入れます。
味見して鶏がらスープで味を調え、酸っぱさが足りないようなら黒酢を加える。まだ物足りないようならしょうゆで味付けてみる。
溶き卵を作り、なべに流し入れ1分ほど煮込む。
水溶き片栗粉をを作り、火を止めて流し入れる。
再び火を付けて、スープにとろみが出てきたら完成。
コメント
 

なんだかダシの味がしないようなかんじだったので、鶏がらスープを多いめに入れたらおいしくなりました。しかし初めのひと口の食感がいまいちで、食べていくうちに舌が慣れるのか、それほどまずくは感じなくなりました。1日置いて、もう一度食べてみると、少しおいしくなっていましたが、特にインスタントを使ったメリットもなく、普通の味よりややまずいかんじでした。

 

レシピ一覧