海外レストラン情報」カテゴリーアーカイブ

ネパール

ネパールで疲れた時に行きたいレストラン5選

ネパールは物価が安いので、長期滞在する人も多いです。そうなると、初めは珍しかったネパール料理も飽きてきて、違うものが食べたくなってきます。

また、ネパールのベストシーズンは、寒暖差が激しくて身体の調子が悪くなりやすく、多くのスパイスを使う料理は日本人にはきつく感じることがあります。

そんな時にはやはり食べ慣れた料理がよいでしょう。そんな気分の時に私が個人的に行っていたお店をご紹介したいと思います。 続きを読む

ネパール

ネパールのおすすめ軽食店5選

旅行中は、どうしても毎食外食になってしまいがちですが、毎回レストランというのも金銭的な問題や時間的な問題もあって、手軽く済ませたい場合も多いでしょう。

そういう場合外資系のカフェやファーストフードに行くのもひとつですが、せっかくなので現地のおすすめの軽食店をご紹介します。ほとんどのお店は、私が何度もリピートしているお店です。現地の気分を味わったり、ほっと一息つけたり、旅の思い出のひとつとしてどうでしょうか。 続きを読む

ネパール

ネパールのおすすめレストラン5選

ネパールは地理的に中国とインドの狭間にあるので、インド料理に近いものから中国の料理に近いものまで様々です。また、チベット人も多く住んでいることから、チベット料理店もたくさんあります。総合的にスパイスを多用していて、日本人風に言うと、カレー味のものが多いです。

小腹が空いた時には、軽食屋、カフェ、露店など割と多くあります。衛生状態が非常に悪いので、生野菜や油を多く使用した料理は注意が必要です。しかし、首都カトマンドゥのホテル密集地のタメルでは、各国料理店が並んでいて、日本料理店もたくさんあり、自分の体調によって、色々選んでみてはどうでしょうか。 続きを読む

韓国・ソウルで行ってよかったレストラン

韓国料理はすごく辛いというイメージがありますが、辛くない料理もたくさんあります。地理的にも日本に近いだけあって、日本でおなじみの食材が多く登場します。世界で一番日本料理に近いと言えるのではないでしょうか。

韓国のレストランでは、キムチやナムルなど初めから席に用意されている場合は、自由に食べることができます。白米は日本と違ってスプーンで食べます。また、器は持ち上げてはなりません。汁物にごはんを混ぜて食べたりします。周りの現地人の食べ方を観察してみたらいいでしょう。

今回ご紹介するお店は、一般の韓国人にも人気の気軽に入れるお店ばかりです。観光客向けのお店だと色々トラブル?があるなんて話も聞こえてきますが、庶民派のお店なので気軽に入れるのではないでしょうか。 続きを読む

哈爾浜(ハルピン)のおすすめレストラン6選

哈爾浜(ハルピン)という地名は、若い人にはピンと来ないかもしれませんが、戦前に満州国があった場所だというと分かりやすいかもしれません。

この辺りでは、山東料理の中のひとつ東北料理が食べられます。中国の北に位置し、寒い地方だからか、味付けは濃く、どれも量が多いのが特徴です。饅頭のような小麦粉を使った料理も多く見られます。

また、ロシアとの国境沿いということもあり、昔から交流がさかんで、ロシアの文化が入ってきているため、ロシア料理店が多いです。また、モンゴルにも近いため、モンゴル系の食材も多く見かけました。

このように異文化の影響もあり、私たちが思い浮かべる中華料理とはまた少し違った料理を食べる機会が多くあります。 続きを読む

ベトナム中部のレストラン(感想)

ベトナムは北から南に細長く延びた領土で、北部、中部、南部と大きく3つの地域に分かれています。その中でフエ・ダナン・ホイアンは中部に位置する地方都市です。食文化は、同じベトナム国内でも地方によって少し違います。

今回はフエ・ダナンで訪れたレストランの素直な感想を書きます。ほとんどがパッケージツアーで使われる店なので、旅行の前の参考になればと思います。 続きを読む

上海で行ってよかったレストラン

中国四大料理のひとつである上海料理は江蘇料理の中のひとつの郷土料理で、日本では上海蟹、小龍包などが有名です。淡水魚や海水魚などの料理が多く、淡白で甘めな味付けが多いようです。

中国の中では物価は高めで、伝統的な店から都会的でオシャレな店まで様々です。レストランはそこらじゅうにあって、どの店に入るか迷った時は、同じ通りでも込んでいる方の店を選ぶとよいでしょう。舌の肥えた上海人が並んででも入りたいと思うような店は、美味しいこと間違いありません。 続きを読む

北京

北京のおすすめレストラン6選

中国の料理といっても、中国は国土がとても広く、地方によって料理も全然違います。北京料理は山東料理のひとつで、その中でも見栄えのする料理が多いそうです。日本でも有名な北京ダックや餃子などを見れば分かるように、小麦粉を使った料理が多いです。また、味付けは濃いめで塩辛いと言われています。 続きを読む

ベトナム(ホーチミン)おすすめレストラン

ベトナムは、他の東南アジアの国々と同じく中国の影響を受けた料理が多いですが、周辺諸国と違うのは、フランス統治時代の影響で、フランスの文化の影響も受けて、アジアの中にあって、西洋の要素が入った独特の食文化があるということです。代表的なものに、アジアでありながら、フランスパン、プリン、コーヒーなどが有名です。

また、多くの料理に米を多用していて、例えばフォーなどに使う麺はライスヌードルであったり、ビーフン、春巻きの皮、ベトナム風お好み焼きなどもすべて米から作られています。

いたるところに食堂や屋台(と言っても立派なものから、路上に人が座ってるだけのものだったり色々)があって、食べる場所には困らないけれど、気温が高いので、衛生的な面を考えると、お店は見極めて入るようにした方がいいでしょう。

このページで紹介するのは、色々なジャンルの飲食店です。旅の目的に合わせて選んでみてはいかがでしょうか。 続きを読む