韓国で出会った料理

韓国料理はすごく辛いというイメージがありますが、辛くない料理もたくさんあります。地理的にも日本に近いだけあって、日本でおなじみの食材が多く登場します。世界で一番日本料理に近いと言えるのではないでしょうか。

キムチ等

キムチは日本でもお馴染みの朝鮮半島の漬物です。日本では一般的にはそんなに種類はありませんが、本場朝鮮半島では200種類以上ものキムチがあるそうです。また、塩辛(チョッカル)もキムチのようによく食べられていて、種類も豊富です。

パンチャン(おかず)

韓国で食堂に入ったら、キムチなどと共に一緒に食事に付いてくるのがパンチャンです。その時々の季節の野菜などの副菜で、わりと日本で食べられているものと変わらないようなものが多いので、びっくりします。

肉料理

韓国と言えば焼肉!というほど日本でも有名ですが、実際に韓国料理を食べたことのない人には焼き方にもビックリするでしょう。また、生から煮込む料理まで肉料理の種類は多いです。

海鮮料理

韓国では肉ばかりでなく、海に囲まれているため、海鮮料理も豊富です。また、日本と同じように刺身や焼き魚や海鮮鍋もあり、食べ方も似ています。一方日本にはない食べ方も沢山あり、やはり唐辛子を多用した料理も多いです。

鍋、スープ

韓国の汁物というとチゲという言葉が思いつきますが、チゲは野菜などを煮込んだ濃いスープで、辛いものが多いです。一方タン(湯)という出汁がベースのあっさり系のスープもあります。また、日本のような寄せ鍋はチョンゴルといい、日本と同じように色々な具の鍋があります。

ご飯、麺など

韓国も日本と同じで白米を食べます。お米の種類も日本と同じなので、違和感がありません。ただし、色々なスープを混ぜたり、色々なおかずと一緒に食べることが多く、白ご飯だけ単体で食べるということが日本より少ないです。

韓定食

韓定食は、高級な宮廷料理のフルコースというものから庶民的なおかずのフルコースのものまでありますが、やや本格的なものはお皿を置く位置やおかずの種類も決まっているようで、大量の小皿がテーブル上に並べられます。素朴なものが多いように思いました。

屋台料理

韓国では、日本のように特別な日だけというのではなく、通常から屋台や露店が出ていて、いつでも屋台料理が食べられます。ちょっと小腹がすいた時に軽く食べるもよし、少し腰を落ち着けて食べるもよし。朝から晩まで色々な屋台と出会えます。

お茶・伝統菓子

お茶は緑茶が主流の日本と全然違って、日本では風邪を引いた時に飲むような種類のお茶が主流です。種類も豊富で色々と効能がありそうです。

アルコール類

韓国では一番一般的なお酒がソジュ(焼酎)です。焼酎といってもクセが少なくて、日本のものより飲みやすい気がします。ビールは高くてあまり美味しくないです。また、焼肉にもビールよりソジュの方が合うように思います。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA