スリランカで出会った料理

南アジアの文化圏であるスリランカはカレーが主に食べられていて、南インドに共通する料理が多いです。日本人の中にはカレー文化圏ではカレーとナンというふうに思っている人も少ないくはないかもしれませんが、大体ライスとパパダンが付いてきます。ココナッツを多用し、マイルドな味付けがある一方、辛いものは激辛ですが、観光客用に辛さを抑えてくれる場合もあります。

カレーと付け合せ

日本ではカレーの具は牛肉が多いですが、スリランカではチキン、魚、マトンをよく見ました。インド周辺諸国では、仏教のアヒンサー(不殺生)の教えの影響を大きく受けているため、ベジタリアンの人が多くて、肉を使わない野菜カレーも沢山あります。

その他のおかず

スリランカではカレー以外ではそんなに激辛ではなく、野菜をふんだんに使ったヘルシーな料理が多いと思います。やはりココナッツを使うことが多いです。

軽食・デザート

ちょっとした軽食だけを売っている店や露店などで色々売っています。ただし、激辛の場合が多いです。果物は旬のものを売っているようなので、よく熟れています。

飲み物

紅茶の国なので、やはり紅茶は美味しかったです。でもそれ以上に生のフレッシュジュースが美味しいと思いました。

アルコール類

スリランカではお酒は大っぴらに飲みませんが、禁じているわけではないので、ちょっと人目につきにくい場所で売っています。また、女性だけで買ってはいけないそうです。店を覗くと、一番多く置いているのがアラックです。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA