台湾で出会った料理

台湾は日本の文化の影響も受け、違和感を感じない部分が多く、地理的に近い沖縄の料理に近いものがあるので、日本人はすんなりと受け入れられる料理が多いと思います。一方で日本ではあまり使わない香辛料や甘めの味付けが口に合わない場合もあります。

台湾料理

台湾料理は、福建料理がベースとなって台湾で独自に発展していった料理で、客家や日本の文化も融合しているため、日本人からすると意外と日本の料理にも通ずるところがあり、日本人の口に合うものが多いです。どちらかというと素朴な料理が多く、洗練されていない田舎料理といった印象です。

小吃

外食文化が盛んな台湾はどこでも気軽に食べられるし、量もそんなに多くないので、色々な種類が挑戦できます。夜には夜市が深夜まで開いているので、朝から晩まで食べ続けることになります。

お茶・デザート

台湾はデザートの種類も豊富で、色々なものを混ぜるのが文化なので、日本では考えられないようなミックスのドリンクやデザートがあります。また、南国なので果物をふんだんに使ったものが多いです。

アルコール類

南に位置する台湾では年中温暖なので、やはりビールが一番です。また、味もそんなに濃くはないし、安価なので、どんどん飲めます。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA