トップページ はじめての海外旅行TOP > 海外旅行戦利品 > モロッコのお土産


モロッコのお土産

モロッコは北アフリカにある地中海に面した国でジブラルタル海峡を挟んでスペインとも行き来ができるので、アラブな中でもアンダルシアを味わえるという独特の雰囲気がある国です。今流行りのタジン鍋や美容で人気のアルガンオイルなど日本でもモロッコは親しみ深い国となってきています。

モロッコで私が出会ったもの

コスメ

モロッコで代表的なコスメというと、アルガンオイルの製品です。オイルそのままからアルガンオイル配合のクリームなど専門店では店員さんが丁寧に説明してくれます。


■アルガンオイル

アルガンオイルは、アルガンノキから採取される種子からすり潰されて取られるオイルのことです。古くからベルベル人が利用してきました。もう使い心地は抜群にいいです。クリームの方はベルガモット配合のアルガンオイルの足用クリームです。こちらはちょっと浸透が悪かったです。

革製品

モロッコのフェズには革なめし工場があり、革製品をとても安く買うことができます。ただし安価な革製品は臭いが酷い場合があるので、買う前によく確かめましょう。


■バブーシュ

モロッコの伝統的な履物で、踵を踏んた形で見た目はスリッパのようなかんじです。バブーシュは外履き用と内履き用があり、底の部分を見たら分かります。そして、先が尖ったタイプと丸いタイプがあります。私は革は使いにくいので、お試し用に布製を買ってみました。

■サイフ

物売りが強引に渡してきたサイフを何気なく見たら、私が欲しいと思っていた小型の札も小銭も入るタイプで、しかも革製。安かったので買ってしまいましたが、臭いのなんの。日本で1年もの間陰干ししてやっと臭いが取れた頃には、今度は金具が風化しかけです。

お茶と食

日本にはないけど、モロッコでよく飲まれているお茶は、「アッツァイ」と呼ばれるミントティーです。観光客でもレストラン、カフェなどで飲む機会があるでしょう。
食べ物ではタジンが有名です。タジン鍋で肉や野菜などをスープで煮込んだ料理です。スークを歩いているとあちらこちらでタジンを火にかけている所に出くわします。


■ミントティーの緑茶

ミントティーは中国産のガンパウダーで作るらしく、ミントティーを作るのにいいと思うお茶を地元の人に教えてもらい買いました。ミントを入れなくても緑茶なので、家で普通に飲んでいます。

■ミントティーのグラス

スークのカフェなどは普通のグラスが出てきますが、観光客用に綺麗なグラスが売っています。飾っておくだけでも綺麗ですね。私はヨルダンでミントティーのグラスを買ったので、家で飲む時はそれを使っています。

■タジン鍋

一般使いのタジン鍋は茶色の装飾のないものですが、せっかく買うのだったら、観光客用の綺麗な模様のあるタジン鍋はいかかでしょうか。買いたかったのですが、かなりかさばりそうなので断念しました。

■アルガンオイル(食用)

そのまま飲んだり、パンやサラダなど料理にかけたりして使います。モロッコのスーパーマーケットで100ミリリットルしか入ってないのに500円くらいと高かったのですが、小さいサイズはこれしかなかったので、これを買いました。

アクセサリー、雑貨

モロッコの可愛いグッズは、ファティマの手のデザインのものが多かったです。幸運のシンボルなのだそう。その他にも日本には、なかなかないアラベスクの模様など、買いたいものがいっぱいでした。

■ブレスレッド

ファティマの手のデザインのブレスレッド。1ユーロで買いました。その辺の歩いている物売りから買ったのですが、意外といいデザインだし、日本で一番よく使っています。

■タジン鍋型の小物入れ

友達がタジン鍋は買えないので、せめてタジンの形のものと言って、タジン鍋型の小物入れを買いました。

■ポーチ

ファティマのアラベスク調デザインのポーチ。フリンジが可愛いです。

テキスタイル

モロッコのテキスタイルは、日本にはないデザインのものも多く、うまく選べばかなりオシャレ上級者に見えるようなものでも安くて売っています。絨毯などは高いですが、小さなものなら手が届くものもあります。民族衣裳のカフタンは、私たち日本人からしたら大きくて、既製品は難しいかもしれません。