トップページ はじめての海外旅行TOP > 海外旅行戦利品 > ベトナムのお土産


ベトナムのお土産

ベトナム人は手先が器用で、伝統工芸はとても細かい細工の工芸品や刺繍などが有名です。その技術を活かして、現代風のおしゃれな雑貨やアジアンなインテリアに合うものなど多数あります。また、物価も安いので買物天国です。

ベトナムで私が出会ったもの

飲み物

ベトナムの代表的な飲み物と言えば、ベトナムコーヒーでしょう。独特のコーヒーフィルターを使います。お茶で有名なのは蓮茶です。その他にも色々な飲み物があります。


ベトナムコーヒー

ベトナムではフランス統治時代の影響から、ベトナム式(フランス式)のコーヒーフィルターを使います。そして、コンデンスミルクを入れて飲むのが一般的です。また、ベトナムコーヒーは焙煎に甘い香り付けやバターなどを加えているため、独特の油っぽさや甘さがあります。

■コーヒーフィルターとコーヒーのセット

観光客用にベトナム式コーヒーフィルターとコーヒーのセットのパッケージが売っています。コーヒーフィルターは使い捨て品で、ある程度使ったら交換するようなものですが、お試しで買ってみるにはよいでしょう。

■G7コーヒー

Trung Nguyen(チュン・グエン)社のインスタントコーヒーです。空港にも売っているくらいベトナムでは有名です。ブラックやカプチーノなど色々種類がありますが、この3 in 1(砂糖とミルクが一緒に入ったタイプ)が個人的には一番美味しかったです。日本のインスタントより濃厚で香り深いので、我が家では、常に切らさないように定期的に購入しています。

お茶

ベトナムでは、緑茶がよく飲まれています。観光地でお茶を入れてくれる場合は蓮茶が多いです。独特の香りがあります。また、ジャスミン茶などもよく売られていました。そのような香りのするお茶が多いです。

■蓮芯茶(tra tim sen)

蓮の実の芯部分を乾燥させてお茶にしたもの。現地で飲んだ蓮茶が美味しかったので、家でも飲もうと思って買ったのですが・・・。日本で飲んだらなぜか生臭いのです。水の違いでしょうか?

■蓮花茶(tra hoa sen)

緑茶に蓮の花の香りを移したもので、香り深く一番飲みやすかったです。

■蓮葉茶(tra la sen)

蓮の葉を乾燥させたもの。これも悪くはなかったです。

甘い飲み物

ベトナムでは100%フルーツジュースなど日本では贅沢なジュースが手軽に安く飲めます。しかしベトナム人はどちらかというと、チェーのような色々混ざったような甘いものが好きなようです。チェーはベトナムのローカルスイーツで、ぜんざいやあんみつのようなものです。様々な具材を組み合わせるので、無限の味があります。チェーでなくてもそういったカクテルのような飲み物が豊富で日本にない味を楽しめます。

■チェーのセット

海藻や根菜、フルーツを甘く煮て作るChe sam bo luong(チェー・サン・ボー・ロン)のセット。自宅でチェーが楽しめます。

■粉末ピーチアイスティー

日本にあるような粉末ティーだと思ったら、本物のピーチを粉にしたようなものが入っていました。香りが強くもしかしたら香料を後で付けているのかもしれません。分量を守ったら激甘で、2倍に薄めて飲んでいます。

ファッション

ベトナムの民族衣裳のアオザイは有名ですが、観光客向けにその日のうちか2〜3日中に仕立ててくれるお店も多いです。また、アオザイだけでなく欲しい服があれば写真を見せるだけでも作ってくれます。また仕立て代も激安なので、旅の記念に1枚作ってみてはいかがでしょう。また、既製品の服も日本の服より涼しくて日本にないデザインがあるので、お土産に喜ばれます。


ベトナムの服など

ベトナム人の民族衣裳で有名なのはアオザイですが、他にもベトナム人がよく好んで着ている服に、アオババ、ドーボーというのがあります。アオザイは綺麗なのでパーティー用に、アオババ、ドーボーなどは普段着とかパジャマによさそうです。

■アオザイ

ベトナムの民族衣裳で、スリットの入った中国風の上着と長ズボンを組み合わせて着ます。作る場合は両方の色の組み合わせも考えます。絹製にすると、日本では結婚式などに呼ばれた際に着用しても豪華です。友人が購入しました。

■アオババ

主に年配のベトナム人が着ている普段着です。上着はアオザイのような作りで丈が短いものに黒い長ズボンを合わせることが多いですが、それだとすごくおばちゃんっぽいです。私が見つけたのはおそろいの色で刺繍が入っているもので、リゾート着として使用していました。涼しくて乾きやすく、シワにもならないので、かなり優秀です。

■ドーボー

これもわりと年配のベトナム人が着ている普段着で、一見パジャマに見えますが、れっきとした普段着です。お土産で母にパジャマとしてあげたところ、あまりの涼しさにリピ要求されました。

■パーティードレス

ホーチミンの中心地にある仕立て屋で1日で完成したパーティードレス。シルクで刺繍が入っています。これでも2500円くらいでした。もちろん採寸して作ってくれるので、身体にぴったりです。

■バイク用雨ガッパ(ポンチョ)

フードには帽子のようにツバが付いていて、体はポンチョのように着ます。それは前後に別れていて、バイクや自転車に乗るときに、バイクごとすっぽりと被って乗ります。ベトナム人がみんな被っているので便利なのかとバイク通勤の旦那のお土産にしたのですが、旦那曰く濡れなくて機能的にはいいのだが、暑すぎてムリとのことでした。

ハンディクラフト製品

ベトナムは刺繍などのハンディクラフト製品が有名です。また、少数民族の雑貨も格安で売っています。どれもおしゃれでお土産に渡したら喜ばれるようなものばかりです。ものすごく沢山あるので紹介するとキリがないので厳選しました。

■ターイ族の織物の雑貨

ターイ族はハノイ近郊に暮らすベトナムの少数民族で、お土産屋にはこのターイ族の織物で作ったグッズを数多く見かけます。人件費が安いからかどれも安いのにデザインはいいので、お土産に最適です。写真はストールとバンダナとショルダーバッグです。この他にも色々あります。

■チャム族の雑貨

チャム族はベトナム中南部やカンボジアに暮らす少数民族で、チャンパ族ともいいます。これはホーチミンの郵便局内のギフトショップで売っています。

■モン族の刺繍の雑貨

モン族は中国の貴州省や雲南省、タイ、ラオス、ベトナムなどの山岳地帯に住む少数民族です。とても色鮮やかな刺繍の雑貨が目を引きます。写真はサイフとバッグです。

■ベトナム刺繍の雑貨

ベトナム刺繍は芸術品ともなると、まるで絵画のようで間近で見ないと刺繍だと気付かないくらいの精密さですが、雑貨にも多くの刺繍が使われています。写真は巾着袋とコースターとサイフです。どれもバラまき土産に最適です。

その他

■サンダル

ベトナム伝統工芸の螺鈿サンダルと絵付けサンダルです。履いた時もよいのですが、どちらも脱いだときにあっと驚く可愛さです。それなのに200円くらいで手に入ります。

■バッグ

刺繍バッグやカゴバッグ、ビーズ刺繍のバッグや染物バッグなどとても種類が多いのにクオリティもよく、しかもオシャレです。日本で買うと10倍くらいはしそうなデザインがとても安く色々買ってしまいます。

■マスク

ベトナムへ行ったらバイクの多さにびっくりすることでしょう。そしてライダー達が変わったマスクを付けていることにも気付くはずです。それがこの布製のマスクです。洗って何度でも使えるので経済的だし、可愛いです。日本で外で付けるのは恥ずかしいので、掃除の時に家で使っています。

雑貨

ベトナムでは数々の雑貨も売られていて、どれもとてもデザインがよくインテリアにも最適です。あれもこれも欲しくなるのですが、もうキリがありません。


台所雑貨

アジアンなテイストのデザインから現代風なデザインまで数多くの種類の雑貨が手に入ります。

■バッチャン焼き

ハノイ近郊のバッチャン村で作られている陶磁器です。素朴な感じで和食にも合いそうです。欲しいとは思っているのですが、なかなかチャンスがなくてまだ買っていません。

■漆器

漆器はベトナムの伝統工芸です。ベトナムの漆器はカラフルなものや螺鈿の豪華なデザインのものがあります。写真はワイン立てです。

■ランチョンマット

竹ひごと糸で編んだランチョンマットです。カラフルでアジアンなインテリアにぴったりです。同色タイプは家族に。色んな色は一人ずつばらけてお土産にしました。

その他

■ランタン

ランタン祭りがあるホイアンでは、ランタンの店が多いです。吊るすタイプや床置きタイプなど色々な種類があり、色もカラフルです。しかもお手軽な値段のものからあります。

ビール

ベトナムには多くの銘柄のビールがあって、どれを買うか迷ってしまうくらいです。大体330ml入りの少し日本の缶より小さいサイズが主流です。

■333(バー・バー・バー)

ベトナムを代表する一番メジャーなビール。ベトナムのビールにしては味わい深いです。バー・バー・バーと言うゴロの良さからも人気のあるビールです。

■SAIGON SPECIAL

333と並ぶベトナムを代表するメジャーなビール。薄味ですっきりとした味わい。わりとどこの店でも売っているのを見かけます。

■フーダビール

古都フエのローカルビールです。わりと味わい深いビールで美味しかったです。