トップページ はじめての海外旅行TOP > 海外旅行テクニック > クルーズライフを快適に過ごす


クルーズライフを快適に過ごす 最終更新日:2016.07.01

  • プールサイドの最適な場所
  • ジャグジー・サウナを利用しよう
  • プログラムに参加しよう

プールサイドの最適な場所

1日船上で過ごす日は、色々な楽しみ方がありますが、プールサイドでのんびりと過ごすという人が多いのではないでしょうか。そういう休暇を過ごすのは欧米の文化なので、船の中でも一番充実しています。ですから、デッキチェアの数が足りないというようなことは、あまり聞かないのですが、やはりいい場所を取りたいものです。

そんな時、クルーズの客層を眺めてみて下さい。欧米人ばかりであれば、プールデッキで過ごす人が多いとみて、早めに確保するとよいでしょう。

ただし、欧米人がよいと考える場所と私たち日本人がよいと考える場所は、少し違うようです。大抵の日本人は、日焼けが目的でない限り、寒すぎない木陰になるような位置を好みますが、欧米人は日焼けが目的の人が多く、日なたの位置を好みます。

そのため、意外と日陰の場所は空いていたりするのですが、それでも絶対数が多いので、やはり早く場所取りしないと、プールから遠く離れた位置しか空いてないなんてことになる可能性があります。

逆に日本人(又は東洋系)が多い場合(今のところクルーズの客層は年配の人が多いので)、プールサイドで過ごす人が、比較的少ないです。そのため、比較的どこでも空いているのですが、やはり日陰の場所は人気があるので、すぐに確保されてしまいます。

ところで、日陰の場所を確保したつもりでも、時間が経つと日なたになってしまう場所もあります。船の進行方向と太陽の位置を考えて、場所取りすることも大切です。

ジャグジー・サウナを利用しよう

クルーズの客室キャビンのほとんどは、バスタブがありません。そのため、お湯に浸からないと疲れが取れないと感じる方も多いのではないでしょうか。そういう人は、ジャグジーやサウナを利用しましょう。

ところで、クルーズの客層が欧米人がほとんどの場合、室内ジャグジーやサウナは、昼間に利用する人が少ない場合が多いので、この時間帯を利用して、ゆっくり過ごすことができます。

ところが日本人が多い場合、ジャグジーやサウナはいつも人がいっぱいなので、ゆっくり利用したい人は、クルーズのプログラムの時間帯を見ながら、すいている時間帯を見つけましょう。

プログラムに参加しよう

船内では、船内新聞にその日の予定が書いてあり、それに沿って行動します。そして、1日中何らかのプログラムが開催されており、誰でも参加することができます。プログラムの内容は、ダンス、ゲーム、講習会、クラフト教室など様々です。

1日船上で過ごす日は、ダラダラしているとお腹が空かないので、特にアクティブ系のプログラムはおすすめです。また、ゲーム系のプログラムは、勝ったら景品(オリジナルグッズ)がもらえたりするので、特に参加者が少ない場合は、狙い目です。

また、クラフト系のプログラムは、そういうことが好きなおばさま達が常連になっていたりして、あなたも常連になれば、そこで友達ができるかもしれません。欧米人の友達がほしいけど、英語は苦手というような人は、こういう手を動かす作業では、複雑な会話がなくてもコミュニケーションできるので、おすすめです。

逆に講習会などは、英語が分からなければ、何を言っているのかさっぱり分からないので、あまり楽しくないかもしれません。ただし、日本近辺を周るクルーズなど乗客のほとんどが日本人の場合は、日本語での講習会もあるようです。





次の記事へ: クルーズの食事

最終更新日:2016.07.01

スポンサードリンク

Page Topへ