トップページ はじめての海外旅行TOP > 海外旅行テクニック > 飛行機の活用


飛行機の活用 最終更新日:2016.07.01

  • 新聞の使い道
  • エチケット袋の使い道
  • 機内食の活用
  • サービスGOODS

新聞の使い道

以前にも説明しましたが、一部の飛行機では乗り込む前に新聞が自由に取れるようになっています。まず、行きの飛行機では必ず新聞をとりましょう。

もちろん長い飛行時間の退屈しのぎになるという本来の使い方で使用し、その後これは帰りの荷物梱包の際に利用しましょう。利用の仕方は荷物梱包術をご覧下さい。

また、英字新聞やその他の言語の新聞を取って、おみやげにそれで包んであげると喜ばれることがあります。

その他、海外にはトイレにトイレットペーパーやゴミ箱がない場合もあるので、女性の場合など生理用品を包んで捨てるのにも使えます。

エチケット袋の使い道

こちらも以前に説明しましたが、エチケット袋はチャック式ビニールの変わりに使うことができるのですが、他の使い方を紹介します。

機内食には「プリンの容器のようなものに入った水」が出てきます。しかし機内食の時にはジュースやお茶などが大量に出されるため、その時点ではあまり欲しくないときがあります。では持って帰ればいいのですが、この容器は水が漏れやすいのです。

そこでこのエチケット袋に入れて持ち歩くのです。この袋は紙ですが、防水加工が施されているので、短時間では水が漏れても大丈夫です。乗り継ぎのときなどこの水は大活躍します。

また、他にも使い道があります。ホテルや移動中の自分専用のゴミ箱にしたり、トイレのゴミ箱(ホテルにはゴミ箱がない場合があるので)として使ったりできます。特にトイレットペーパーを使わない習慣の国では、用を足した後のペーパーなどはゴミ箱がない場合自分で持って帰らざるを得ないため、この小型ゴミ箱が活躍するわけです。

その他、レストランなどで残りを持って帰りたい場合、中国などではテイクアウトしたいと言えば、持って帰れるように包んでもらえますが、対応していない店や、少しだけの場合にはナプキンに包んでこのエチケット袋に入れてしまえばよいのです。

機内食の活用

国際線には必ず機内食が付いています。まず飲み物を頼むと、透明のプラスチックの容器にジュースなどを入れてくれます。水を頼んだ場合などで容器が汚れていない時には、それを持って帰ります。

これはシャワーの際、風呂桶として使います。ホテルによるとシャワーヘッドが固定でしかも水圧が低くて洗いにくいという場合に使えます。

また、外でワインなどのお酒を買って帰ってホテルで飲む時にもホテルにコップが備え付けていない時には重宝します。

食事の際のカトラリーも役に立ちます。金属製のものは飛行機の備品ですので持って帰れませんが、プラスチックのものは使い捨てなので大丈夫です。

現地でお惣菜を買ってきて、宿泊先で食事するときなどに活躍します。バターなどの調味料も旅行先で使えますし、家に持って帰ったとしても十分使用できます。

サービスGOODS

長距離飛行のときなど靴下や歯ブラシなどのGOODSが貰えます。座席の前のポケットに入っていることが多いですが、航空会社によってはトイレの中にある場合もあります。早い目にトイレへ行って引き出しを開けてみて下さい。何か見つかるかもしれません。

その他にもポストカードやトランプが貰えたり、子供向けに何かサービスを行っている航空会社もあるので調べてみてください。





次の記事へ: エコノミー症候群対策

最終更新日:2016.07.01

スポンサードリンク

Page Topへ