トップページ はじめての海外旅行TOP > 海外旅行テクニック > 現地の言葉を使おう


現地の言葉を使おう 最終更新日:2016.07.01

  • とりあえず挨拶から
  • よく使うであろうシチュエーションを考える
  • 数字を覚えよう

とりあえず挨拶から

外国人が日本にやって来て「グッドモーニング」と言われるのと、たどたどしく「おはようございます」と言われるのと、どちらがうれしいですか。私は後者の方です。そしてそれは、私達が外国人になった場合にも当てはまると思うのです。

実際旅行中に、現地の言葉を少しでも使うとすごく喜ばれます。そして急にフレンドリーに接してもらえたり、すごく親切にされたりすることが多いです。特に発展途上国など、あまり外国人で学ぶ人が少ない言語だと、現地の人はたいてい喜びます。今まで英語以外使ったことの無かった人は、一度挑戦してみて下さい。

また、挨拶は使う頻度が高いので、旅行後使う必要がなくなった後も、覚えていることが多いです。そして、後に別の旅行先でその国の人と出会った時、挨拶だけでも言えたら、コミュニケーションのきっかけになるかもしれません。

よく使うであろうシチュエーションを考える

よく使いそうな言葉として、買い物なら「まけてください。」、レストランなら「すみません」「お勘定お願いします。」など、絶対に使うであろう必要最低限の言葉を少しでも覚えておけば、ローカル食堂などでもスムーズにいきます。現地の言葉でコミュニケーションを図るのは旅の楽しみのひとつです。是非お試しください。

これができるようになると、今度はもう少しステップアップして、現地人で非常に混雑している人気店のカウンターとか、早い者勝ちとなる乗合タクシーとか、外国人だからといって時間をかけてゆっくり対応してくれないようなシチュエーションでも挑戦してみて下さい。これができるようになると、旅の幅がぐっと広がりますよ。

数字を覚えよう

わたし達が日常使うアラビア数字さえ知っておけば、ほとんど困ることはないのですが、国によってはお金に現地の文字しかないような場合があり、これが分からなければ死活問題です。また、ローカルバスに乗るような場合、路線が現地の数字でしか書いていない場合もあるので、知っていれば何かと便利です。

簡単な数字は、チケットを買う時や食べ物を注文するときによく使うので、そのような時に数字だけでも出来るだけ現地の言葉を使うようにすれば、自然と覚えて、観光地以外で英語がまったく通じない場合でも思わぬところで役に立つ場合があるかもしれません。





次の記事へ: お土産を買う

最終更新日:2016.07.01

スポンサードリンク

Page Topへ