トップページ はじめての海外旅行TOP > 海外旅行テクニック > 地図の準備


地図の準備 最終更新日:2016.07.01

  • 観光用の地図を用意する
  • 観光ルートを決める
  • スマートフォンのアプリを利用する

観光用の地図を用意する

旅行先で、ガイドブックを広げたまま、ガイドブックに載っている地図を見ている人がいますが、あまりおすすめできません。 見るからに観光客であること、この場所に不慣れなこと、両手が塞がってしまうこと、スキが生まれること、それらは 犯罪に巻き込まれる可能性を高めています。また、何より面倒くさいです。

地図は、ガイドブックから切り離すべきです。その時におすすめなのは、ガイドブックの 地図をコピーして持って行くことです。現地でもらえる地図は、英語の場合がほとんどなので、 やはり見にくいです。コピーした地図は、小さく折りたたんで、ポケットに入れておくと便利です。

ただし、現地でもらえる地図は1枚は持っていましょう。それは、現地人に道を聞きたい時に利用します。日本語だけの地図だと、現地の人に見せても読めないので、案内してもらえない可能性があるのです。

主要な場所の地図は、何枚も用意しておきましょう。地図は使い捨てのように乱暴に扱い、ボロボロになったら 何度でも取り替えられるようにします。旅の最後に地図が余れば、捨てて帰れます。

普通の地図以外に、ショッピングモール、遊園地、観光地や遺跡などの配置図、地下鉄の路線図なども持っている と便利です。それらは、ガイドブックに載っていなくても、インターネットで見つけることができるかもしれません。

観光ルートを決める

もし可能であれば、A2サイズぐらいの範囲の広い現地の地図を用意 しましょう。ガイドブックになくても、インターネット上で見つけることができるかもしれません。 私は、検索サイトで画像検索して見つけています。 なるべく大きなサイズの画像を入手して、A3〜A2サイズの紙にプリントしています。

この地図は、旅行の計画に使うと便利です。地図を広げて行きたい観光地や行きたいレストラン、ショップの位置に 付箋していきます。そして地図全体を眺めて、付箋の位置を中心に観光ルートを考えていきます。決定した場所 は、付箋と共に、ペンなどで目立つように印を付けておきます。今回残念ながら候補からはずれた場所は、 付箋を外してしまいます。

この作業は地図が大きいために、大勢で地図を囲みながら計画できると共に、ガイドブックの部分地図と違って 地形を理解しやすいです。そして何度もこの地図を使っていると、最終的に現地に行ってもないのに場所を覚えて、 現地ではスムーズに動けるようになります。街歩きが中心の観光の場合に、この大型地図利用は効果的です。

スマートフォンのアプリを利用する

スマートフォンやタブレットを持っている人なら、アプリを利用すると便利です。地図アプリの代表的なものに、グーグルマップがあります。これだと世界中どこでも見ることができる上に、ホテルやショップの情報も載っているので、ガイドブックにない場所に行く場合は、特に便利です。

ただし、このアプリを使うには基本的にオンラインでないといけません。しかし、海外では観光中はオフラインということが多いと思います。そこでオフラインでアプリを使えないと意味がありません。

そこで、制約はありますが、オフラインで使う方法を紹介します。

まず、Wi-Fiに繋がる環境で、グーグルマップを起動させます。そして、検索欄に希望の場所を打ち込みます。ここでは、ロンドンを検索してみましょう。

すると、候補地の一覧が出ますので、希望の場所をタップします。すると、希望の場所の地図が表示されて、下部に地名が現れるので、そこをタップします。

すると、ダウンロードのボタンが出てきますので、ここをタップ。

すると、ダウンロードの範囲が出てくるので、これでよかったらダウンロードを押します。

これで、オフラインでもこの範囲のみ詳細な地図を表示させることができます。この地図は1ケ月間有効で、引き続き使用したい場合は、更新することができます。

さらに便利に使えるようにするには、GPSを受信できた方がいいでしょう。位置情報設定画面では、デフォルトではGPSはオンラインで使用するように設定されているので、オフラインで使用できるようにします。

モードというところをタップして、

デフォルトで高精度になっているので、端末のみに変更します。これで、オフラインでもGPSが使えるようになります。

端末のみとした場合、GPS精度がやや落ちるそうですが、私の場合では特に問題なく使えました。

もし、海外対応SIMを使うつもりでも、このGPSの設定をデフォルトのままにしていると、データ通信料がかかってしまいますので、オフライン設定にした方が無難でしょう。

また、日本からGPSをオフにしたまま海外で再びオンにすると、受信するのにかなり時間がかかってしまいます。そのため、日本でオンにしたまま設定を変えないようにすると、現地に着いた時にすぐに使い始められます。





次の記事へ: インターネットを上手に活用

最終更新日:2016.07.01

スポンサードリンク

Page Topへ