トップページ はじめての海外旅行TOP > 海外旅行テクニック > 海外でのインターネット利用


海外でのインターネット利用

  • 無料Wi-Fiを利用する
  • どこでも使いたい場合
  • 現地のものを使う

無料Wi-Fiを利用する

インターネットは私たちの日常で、なくてはならないものとなってしまいました。それは旅行中も例外ではありません。海外旅行中でも様々な使い方が考えられます。例えば、観光情報を調べたり、ホテルやレストランを予約したり、メールをしたり、航空券を手配したり、様々です。

最近では、空港、ホテル、カフェなどで無料Wi-Fiが利用できたりするので、自分の端末さえあれば日本にいるのとまったく同じ環境で使えることができます。

しかし、通信速度がものすごく遅かったり、電波が弱すぎてなかなか繋がらないなど、ホテル内に無料サービスがあったとしても実際には使い物にならないケースもあります。

そんな場合は有料のサービスを使うことになりますが、意外と高かったりするので、事前に自分が泊まるホテルに無料Wi-Fiサービスがあるからと安心しないで、ダメな場合にどうするか考えておきましょう。

どこでも使いたい場合

携帯電話を国際ローミングでそのまま海外で使ったら、国内のパケット定額などのプランは適用されず、従量制で課金されるために、莫大なパケット使用料がかかります。かといって無料Wi-Fiが使える場所は限られているので、移動中や観光地でインターネットに繋ぎたい場合、モバイルルーターを借りるか、海外プリペイドSIMを利用する方法があります。

モバイルルーターの場合、別で持ち歩かなければならず、モバイルルーターのバッテリーも心配しなければなりません。ただし、数人でシェアできるので、グループで1つ持ち歩けばいいなどの利点があります。

海外プリペイドSIMは、国内であらかじめ購入しておいて、挿すだけで使えるので簡単です。プリペイドなので予想外に使いすぎるという心配もありません。ただし、SIMフリー端末か、SIMロック解除できる端末でないと使えないので注意が必要です。また、海外で購入する場合は、安価ですが買いに行く手間がかかるのと、慣れていないと設定が難しいので、長期旅行者以外はオススメできません。

最後にキャリアの海外パケット定額プランに申し込むという方法もあります。ただし、これも事前に申し込みが必要で、設定も必要です。また、上記の方法にくらべてかなり高額になります。ただし、分からないことはキャリアのショップに行けば親切に教えてもらえるなどのメリットもあります。

現地のものを使う

スマートフォンは高額なので、海外旅行に持っていくのは控えようとか、そもそも持ち運べる端末自体持ってない人が現地でインターネットを利用する方法です。

最近では、多くの空港で無料でパソコンが使えるようになっているので、そこを利用する方法が考えられますが、競争率が高く、なかなか空きを見つけるのが難しいということもあります。ただし、最近では多くの人がスマートフォンやタブレットを所有しているので、無料PCコーナーも使いやすくなってきたかもしれません。

また、泊まっているホテルでもロビーなどに端末が設置してあることが多いです。

また、街を歩きながら目を光らせていると、地下鉄の駅やショッピングモールなどでフリーのPCコーナーがある場合もあります。こういうものを利用してもいいでしょう。

他にはインターネットカフェを利用するという手もあります。ホテルや公共の場だと、なかなか空きが見つからなかったり、 落ち着いて利用できなかったりしますが、インターネットカフェだと、有料な分、座って落ち着いて利用できます。

現地で利用する注意点は、現地のパソコンでは日本語を使用できないことです。そのため、メールを送りたい場合でも、英文しか打てません。しかし、日本人の宿泊客が多いホテルや観光地のインターネットカフェなどでは、日本語対応の機器も用意されていることが多いので、スタッフに聞いてみると よいでしょう。





次の記事へ: チップを渡す

最終更新日:2016.07.01

スポンサードリンク

Page Topへ