トップページ はじめての海外旅行TOP > 海外旅行テクニック > お土産を買う


お土産を買う 最終更新日:2016.07.01

  • 基本的なこと
  • 買うタイミング
  • スーパーマーケットへ行ってみよう

基本的なこと

海外では、日本と違って製品の質が均一とは限らないので、よく手にとって確かめてみましょう。物によりますが、1店舗だけで決めないで、出来るだけ多くの店で見るようにすると、品質が微妙に違っている点にも気付くことがあります。また、高価なものを買う時は、なるべく信用のおける店で買うようにしましょう。安いからといって飛びつくと、粗悪品を掴まされることもありますので、注意が必要です。

また、買物する時には、ある程度相場を把握してからの方がベストです。商品に値札を付けないことが普通である地域がたくさんあります。特にお土産屋では、値を吊り上げてくるので、注意が必要です。そういう場合には値切るなどの交渉が必要となってくるので、ある程度の金銭感覚が必要となります。

また、その国の通貨を使いこなせる自信がまだない場合は、少し慣れてからの方がよいと思います。ケタをひとつ間違えるなんてこともあるかもしれません。また、海外の多くの国でお釣りがない場合によく出くわします。出来れば買物前には少額に崩しておきましょう。

買うタイミング

街を歩いていて、「あっ!これいいな。」と思うことがよくありますよね。しかしそれが旅のはじめの方だったら、「他の店でもあるかも。」とか「もう少し相場を把握してからにしよう。」などと考えて、その場では買わず、結局買えなかったという経験はありませんか?私はよくあります。

そこで、私が悟ったのは、買いたいと思った時が買い時なのです。そして、後に同じものに出会える確率は、意外と少ないものです。同じようなものでもデザイン、色、形が微妙に違っていたり、金額がすごく高かったりということがあります。もちろん、その反対もあり得るので、そういう場合は、安いものだったらさらに買い足すという手もあります。

後でもう一度買うチャンスがある店ならば、すぐに買う必要はないと思います。しかし、短期滞在などで、たとえもう一度行くチャンスがあってもどの店か分からなくなってしまって、探し回る羽目に陥る場合もそう少なくはありません。また、場所は分かっていても時間が許さないかもしれません。結果的に相場よりも高く買ってしまったとしても、いいじゃありませんか。結局欲しいものは手に入ったわけなのですから。そう割り切ると楽ですよ。

スーパーマーケットへ行ってみよう

市場での買物は楽しいものですが、多くのエネルギーを必要とします。その点、スーパーマーケットでは、楽に日用品を買うことが出来ます。スーパーマーケットは定価販売なので、値切る自信がある人は市場で買う方が安いかもしれません。その代わり、ボラれる心配もありません。大いにスーパーマーケットを活用しましょう。

ただし、スーパーマーケットで売っているものは、基本的に日用品中心です。お菓子なども見栄えの良いパッケージや箱に入っているとは限りません。スーパーマーケットで売っている商品をお土産として渡すと失礼なこともありますので、そこは臨機応変に対応してください。

それさえ注意すれば、スーパーマーケットはお土産の宝庫です。特に食料品だけでなく、日用雑貨なども売っている大型スーパーはおすすめです。日用品には興味が無い人も覗いてみてください。その国では日用的なものでも日本では珍しいものだということもあります。民族衣装が売っている場合だってあります。

最後に、海外のスーパーマーケットでは大抵ビニール袋は貰えません。買物バッグ持参で行きましょう。また、日本の様に商品を袋に詰めるスペースが無く、レジで直接袋に入れます。もたもたしていると、レジ前があっという間に商品の山です。レジを通った先からどんどん袋に入れてしまいましょう。





次の記事へ: 値切るテクニック

最終更新日:2016.07.01

スポンサードリンク

Page Topへ