トップページ はじめての海外旅行TOP > 海外旅行テクニック > ただで航空券を手に入れる


ただで航空券を手に入れる 最終更新日:2016.07.01

  • マイレージプログラムに参加しよう
  • 飛行機に乗らずにマイルをためよう
  • ポイントを移行してマイルをためよう

マイレージプログラムに参加しよう

多くの航空会社で採用しているのがマイレージプログラムです。無料で入会でき、各航空会社を利用するごとにポイントが貯まり、ある一定以上のポイントが貯まると、各航空会社の特典が利用できるというものです。例えば特典の内容は、プレゼントが貰えたり、エコノミークラスからビジネスクラスにアップグレードしてもらえたり、無料航空券と交換したりと色々です。ぜひ旅行前に入会しておきましょう。

■注意点
大抵の人は、同じ航空会社を何度も利用する機会は少ないと思います。行き先が変わる度にそれぞれの航空会社のマイレージを貯めても、多くは貯まりません。では、どうしたらよいかというと、多くの航空会社はある一定の航空会社と航空連合しており、そのグループ内の航空機利用でマイレージが貯まる仕組みがあります。それを利用し、グループ内のひとつの航空会社のマイレージプログラムに入会し、グループ内の各航空会社利用でマイルを貯めていきます。

これら3種類の航空連合に参加していない航空会社でも、それぞれ独自に別のマイレージが貯まる仕組みをとっている場合があるので、各航空会社のサイトでチェックしてみてください。

飛行機に乗らずにマイルをためよう

それでも多くの人にとって、海外旅行なんてそうめったにあるものではありません。航空会社によってはマイルに期限が設けてある場合もあり、思うように利用しづらい人もいるはずです。しかしマイルの獲得方法は航空機の利用だけではないのです。

  • 各航空会社のマイル獲得サービスを利用する。(例えば機内販売や航空会社指定のホテル宿泊、レンタカー利用、期間限定キャンペーンなど)
  • オーバーブッキングなどの際、自主的に席を譲ることによってマイルが貰えるサービスがある。
  • 航空会社が提携しているクレジットカードの利用で貯める。

この中でも特にマイルが貯まりやすいのは航空会社のクレジットカード利用でしょう。日常生活の買物や公共料金の引き落としなどにより、知らない内にどんどん貯まっていきます。また、航空会社が提携しているので、マイルの交換レートがよいというのもひとつの利点です。

ポイントを移行してマイルをためよう

直接航空会社のマイルが貯まるわけではありませんが、貯めたポイントをマイルに移行する方法があります。

  • 各クレジットカードの利用で貯めたポイントをマイルに移行する。
  • 各サービスの利用で貯めたポイントをマイルに移行する。(例えば銀行、証券会社、プロバイダーの利用、ショッピングサイトの利用など無数にあります。)
  • ポイントサイトの利用で貯めたポイントをマイルに移行する。

航空会社のクレジットカードは年会費がかかる点で、作りたくない人も多いでしょう。そういう場合は年会費無料のクレジットカードの利用でポイントを貯めて、希望の航空会社のマイルに交換します。交換レートは少し悪くなりますが、年会費がかからないので、結果的にはお得な場合もあります。

ポイント制を利用しているサービスはここ数年爆発的に増えていきました。それらのポイントはそのサービスを利用する際にしか利用できない場合もありますが、多くの場合提携している別のサービスの利用でも使うことができます。このシステムを利用すると、無数のポイントを最終的には航空会社のマイルに移行するという方法があります。今現在あなたのお持ちのポイントも航空マイルに移行できるかもしれません。下記のサイトで現在お持ちのポイント交換のルート検索が行えます。

また、それらポイント制の普及と同時にポイントを貯めることを目的としたポイントサイトが登場しました。ポイントサイトを利用することによって、各サービスで貯めていたバラバラだったポイントをひとつにすることができたり、ポイント制を実施していない小さなサービスもポイントサイトを経由することで貯めることができます。会員登録は無料なので、気軽に登録することができます。

ポイントサイトのポイントは、利用更新すると期限が延長される場合がほとんどで、半永久的にポイントを貯めることがきます。そのため、ほとんど期限が設けられている航空マイレージに移行せずに、使いたいマイル数が貯まるまではポイントサイトにポイントを保管しておくとよいでしょう。

ただし、無数にあるポイントサイトは運営会社が倒産することもしばしばで、せっかく貯めたポイントが最悪の場合では、水の泡になる場合があります。(良心的なサイトでは、サイト閉鎖まで期間を設けてポイントの保証を行っている場合もあります)ポイントサイトに登録する時は、できるだけ有名で、大きな、利用者の多いものを選び、少ないポイント数から移行できるサイトに絞っていきましょう。





次の記事へ: クルーズ旅行へ行こう

最終更新日:2016.07.01

スポンサードリンク

Page Topへ