トップページ はじめての海外旅行TOP > 海外旅行テクニック > 海外のトイレ事情A


海外のトイレ事情A 最終更新日:2016.07.01

  • 使用するのにお金がいるの?
  • トイレに行くタイミング
  • 海外トイレ対策

使用するのにお金がいるの?

日本では、登山など特殊な場合を除いて、有料のトイレは聞いたことがありませんが、海外では頻繁にそういうトイレに出会います。

有料の場合は、トイレの入口付近の受付のようなところに人がいて、直接払うかお皿などの入れ物に払うかします。そうすると、トイレットペーパーの切れ端が貰えたりすることもあります。だいたい金額は決まっていて、お釣りをもらうこともできます。

また、受付の人が差し出すトイレットペーパーを受け取れば有料で、断れば無料というところもあります。ペーパーは持参し、なるべくもらわないようにすれば、無料で使用できるかもしれません。

ヨーロッパでは、個室のドアに鍵がついていて、コインを入れないと空かないというものもあります。それは、一度閉めると内部からは開くけれども、外部からはコインを入れないと開かない仕組みになっています。

そういう場合は、トイレの個室から出てきたところを見計らって、ドアが閉まる前に中へ滑り込んでしまうか、仲間と一緒にひとつのコインで全員使い終わるまで、ドアを外から閉めないようにする方法があります。親切な現地の人がドアを閉まらないように押えていてくれることもあります。

トイレに行くタイミング

日本では街中でトイレに困ることは、ほぼないと考えられますが、海外ではスリなどの盗難に気をつけることと同様に、常にトイレをどうするか考えたほうがいいでしょう。それくらい、公衆トイレというのは少ないのです。

まず、出かける前には行きたくなくてもホテルでトイレを済ませておく方が無難です。観光地でトイレを見かけたら、これも行きたくなくても行くようにしましょう。次の観光地でトイレがあるとは限らないからです。観光ツアーならば、観光地よりもおみやげ屋やレストランなどで行くようにすると、きれいなトイレにありつけると思います。

街歩きならば、ファーストフード、ホテルのトイレを利用するとよいでしょう。ただしヨーロッパではファーストフードのトイレでさえ、有料のところもありました。百貨店のトイレは、有料の場合も多いですが、日系の百貨店の場合、無料で、比較的綺麗で、日本の百貨店同様各階についている確率が高いので、入るなら日系の百貨店がねらい目です。

大きな観光地では、有料ならば、公衆トイレが完備されている場合もあります。ただし、清潔さはあまり期待できません。観光地では入場料を払う施設内ではトイレがあり、清潔で、無料の場合が多いので、そういう場所で行くようにするといいでしょう。

日本では規模に関係なく駅にはトイレがありますが、海外では、期待できません。長距離の移動機関の主要駅には大抵ありますが(といっても場所が非常に分かり辛かったり、大行列だったりする)地下鉄のような駅では多くの国で、あまりトイレを見かけたことがありません。そのため、駅ではトイレを期待しないようにしましょう。

結論として、海外旅行中は、必要以上に水分をとらないようにし、こまめにトイレに行き、トイレ用に小銭を用意しておくことを忘れないようにしましょう。

海外トイレ対策

海外のトイレ事情@」で説明したような、手動ウォシュレットの習慣の国などには、トイレットペーパーが設置されていないことが多いです。また、単にトイレットペーパーが切れているようなトイレも多いので、最低限ポケットティッシュを持つようにしましょう。

しかし、お腹を壊している場合など、ポケットティッシュの容量では間に合わない場合があります。そこで便利なのが、芯を抜いたトイレットペーパーです。半分くらい使ったトイレットペーパーの芯を抜いて、ぺたんこにして持ち歩くと、好きな長さを使え、コンパクトな割に多く使えます。

また、ウェットティッシュも便利です。便座の衛生面が気になるときに使ったり、トイレの後、手を洗うところがない(壊れたりしていて)ことも少なくないので、手を拭いたりするのにも便利です。

また、トイレにゴミ箱が設置されていなかったりするので、ビニール袋など自分用のゴミ袋を持つようにしましょう。その際、飛行機に備え付けてあるエチケット袋を持っていると便利です。

また、ウォシュレットに慣れた人は、トイレットペーパーでおしりを拭くのがイヤな人もいます。かといって、手動ウォシュレットも抵抗がある人は、ウェットティッシュを使うといいでしょう。厚手の大判サイズや赤ちゃんのおしりふきなどが便利です。

ウェットティッシュでも抵抗がある人や、長期の旅行へ行く人は、携帯用ウォシュレットというものがあります。普段持ち歩くにはかさばるかもしれませんが、ホテルの部屋で使うだけならそんなに邪魔にならないので、海外トイレ生活をかなり楽にしてくれることでしょう。





次の記事へ: 海外でのインターネット利用

最終更新日:2016.07.01

スポンサードリンク

Page Topへ