コスタクラシカ東南アジアクルーズand香港・マカオまでどっぷりアジアでいっちゃうぜ3週間の旅 11日目

クルーズ船・コスタクラシカ号の船旅は今日も続く。今日は、ベトナム・ホーチミンに到着した。

コスタクラシカ東南アジアクルーズand香港・マカオまでどっぷりアジアでいっちゃうぜ3週間の旅の旅程

※2017年5月16日に記事の修正、見直しを行いました。


11日目(2010.11.15)

またまたやって来ました!

今日は、ベトナムのホーチミンに到着する日だ。南シナ海を航海していたコスタ・クラシカは、夜中の間にサイゴン川へと進んでいたようだ。朝起きると海ではなく、ベトナムで見慣れた茶色の川の上にいた。ホーチミンを訪れるのはもう3回目である。

サイゴン川は巨大だが、こんな大きな船でも航海できるとはちょっと思ってなかったから驚きだ。大きな船ゆえに、停泊できる港が決まっていて、ホーチミンシティからは離れた港だった。

場所は正確には分からなかったが、ホーチミンシティの中心まで、シャトルバスで30分くらいのところだった。港に着いていつも、ここがどこの港なのかコスタのスタッフに尋ねてみるのだが、みんな知らないようで、答えてくれたとしても私達でも分かる情報しかくれない。

送迎シャトルバス(有料)があるから基本的に問題はないのだが、そのあたりがもっと明確だったらいいのにと思った。

■ツアーバスのガイドさんはアオザイを着ていた。

ツアーバス

ツアーバス

停泊中の船

停泊中の船

ところで、ホーチミンまでのシャトルバスには今回ガイドさんが乗っていた。港が街から離れているためのただの輸送手段で、ピストン運行しているだけだと思っていたけど、とっても愛想のいいかわいらしい男の子のガイドさんだった。

彼が色々と案内したり、質問に答えたり、サービス満点だった。社会主義国のベトナムで、最近ようやくサービス業もそれらしくなってきてはいるが、それでもこんなに感じのいい人を見たのは初めてで、これも豪華客船ならではかしら?と思ってしまった。

バスは街の中心にあるレックスホテルの前で止まった。バスを降りた途端、客引きの嵐。そこをやっとの思いで潜り抜け、朝ごはんを食べに向かった。

ああ、裏目に・・・。

「フォー24」という一見24時間営業?とも思える店名だが、値段が2万4000ドンだからそんな店名になったとかいうまぎらわしい名前のフォー専門店へ行った。

前々回のベトナム旅行の時に訪れたので、別の店に行きたかったが、時間の関係上ここが便利なので来てしまった。

フォーは好きなので、日本でもたまに食べているが、トッピングの野菜が現地でしか食べられないものがあるので、久しぶりに食べたフォーの味は、やはり日本で食べるフォーの味とは違っていた。

やっぱり現地で食べるフォーはおいしい。トッピングもそれぞれ自分専用に付いてくるので、私はせっかくだからと思って全部入れてしまった。

私はフォー・ガー(鶏のフォー)、母はフォー・ボー(牛肉のフォー)を注文した。それ以外に揚げ春巻きやハス茶など、母にベトナム料理のおいしさを知ってもらいたかったので、色々と注文した。

食べ始めて間もない頃、お互いの料理をとりかえっこして食べようということになった。ところが、母が私のフォー・ガーを食べた瞬間、ギャッ!と言った。
「何?」
「とうがらし食べた!なんでこんなの入ってるの!」
と怒られた。先程トッピングにあったのを入れたのだが、もろ食べてしまったようだ。

母親は薬味とかスパイスとかそういうのが大嫌いで、普段七味みたいな一般的なものですら食べたことがないので、ショックだったようだ。「もう何も食べられない。」と、母は食べる気が完全に萎えてしまい、ベトナム料理の良さを知ってもらうつもりが、まったく裏目に出てしまい残念だった。

■フォー24の料理

フォー

具

揚げ春巻き

蓮茶

買物モードにスイッチ

さて、ホーチミンの観光だが、有名な建物がちらほらあるので、それらを回りつつ、一番の見どころとも言える、ベンタイン市場へと向かった。

■ホーチミンシティの建物

教会

ホーチミン

郵便局

広場

記憶ではベンタイン市場は少し離れていて、行くのにすごく疲れた記憶があったのだが、意外と近かった。いや、本当はさほど遠くないのに暑すぎてバテ気味の時に歩くから遠く感じただけだったのだろう。

今回旅行期間が長いので、お土産はセーブしながら買っていても、もうスーツケースはいっぱいいっぱいだったので、残念ながらベトナムではもう最低限の買物しかできない私は、はじめから何か買うつもりもなく、ウインドウショッピングに留まった。

■ベンタイン市場

ベンタイン市場

ベンタイン市場2

次は国営百貨店に行った。私はここで買いたいものが決まっていたので、すぐに買物を済ませて、母の好きそうな店へ連れて行った。普段は行かない最上階の民芸店で母が気に入った品物があり、それを買ってから母の買物モードにスイッチが入った。

ここの服屋が意外と安いことを知っていたので連れて行ったら、ここでも気に入って服を買い、総ビーズのかばんや総ししゅうのかばんなど(私も欲しい・・・。)どんどん買っていった。

やはりベトナムは安いしデザインのよいものが多いので、ついつい沢山買ってしまう。私も予定外にとうとうサンダルを買ってしまった。これが重いのなんのって。

レモングラス

手軽にベトナム料理が食べられる店ということで、先程の「フォー24」の近くにある「レモングラス」というレストランで昼食をとることにした。今度こそ母にベトナム料理の良さを分かってもらわねば。

ここは日本人からしたら安いけど、物価からしたらめちゃくちゃ高いので、お昼時だというのにお客は私達だけ。

まさかあんまりおいしくないんじゃ・・・。

客は私達だけだというのに、注文したものもなかなか出てこない・・・。と思っていたら一気に運ばれてきて、どれもおいしかった。母も満足したようで、ホッとひと安心。

定番の生春巻き(揚げ春巻きは朝に食べたので)、そして私の大好物の空芯菜の炒め物。そして生絞りフルーツジュース。本当はビールも飲みたかったけど、生絞りフルーツジュースは船では飲めないのでこちらを選択。ハスの茎の炒め物は日本じゃめずらしいので食べてみたがこれも美味。

やっぱベトナム料理ってはずれがないわ。

■レモングラスの食事

生春巻き

ハスの茎の炒め物

空芯菜炒め

ワンタンスープ

シアターのショー

ホーチミン滞在は短く、シャトルバスの時間もあったので、午後3時すぎには船に戻ってきた。

4時のティータイムを過ごした後、いつもならシアターでショーを観て、夕飯という流れだったが、今日のステージはビデオ鑑賞とあったので、私は部屋で洗濯とか荷物の整理をした。

シアターのショーも遂にネタが切れ始めているようで、昨日は出演者全員集合の複合ショーで、明日はどうするねんっ?て思っていたら、遂に今日はビデオ鑑賞とは・・・。さすがにネタが切れたか。

観劇を終えて母が部屋に帰って来たので聞いてみたら、フランク・シナトラの映像を見ただけだったそうだ。客もすごく少なかったそうだが、そりゃそうだろう。

毎日のシアターのショーは、コスタ専属ダンサーがほぼ毎回出てくる以外は、出演者は1~3回ほどしか出番がなく、それでも2週間の船にはずっと同行しているそうだ。

母がファンになってしまったフラメンコダンサーの彼も、度々船内で見かけて、その度に母はキャーキャー言っていたが、特にプールデッキで日光浴してた姿を見た時は私もおお!と思った。鍛え抜かれた小麦色の肌の筋肉がばっちり私のストライクゾーン!だったので。

話は逸れたが、2週間の船旅ともなるとショーのバリエーションをそろえるのも大変なのだろう。

今日はシアターのショーとは別にカーニバルパーティーというのがあった。どんなパーティーかというと仮装パーティーで、あらかじめ参加を希望している観客が仮装してみんなの前で披露するというようなものだ。

何度も船に乗っている人はよく知っていて、ちゃんと仮装グッズも用意してたようだ。次回もしクルーズの旅をすることがあったら私も何か用意しておこう。

■カーニバルパーティー

カーニバルパーティー

カーニバルパーティー

■本日の夕食

前菜

スープ

メイン料理

メイン料理

レストラン、ショップ情報

国営百貨店
現在はラッキープラザ内に移転したようです。定番が揃っている上にどこよりも安いので、一番のオススメです。
中央郵便局(HCMC)
郵便局内にギフトショップがあります。手頃で買いやすくて、他で売っていないものも多いです。
ベンタイン市場
雰囲気を見るだけでも行く価値はあります。お買い物はボラれないように気を付けましょう。
フォー24
チェーン店なので、市内各地にありますが、ドンコイ通りのお店は便利です。
レモングラス
ベトナムの中ではわりと高級店ですが、定番のベトナム料理が食べられます。

お土産情報

ベトナム料理│海外旅行グルメ紹介
過去にベトナムで食べた料理を解説付きでまとめています。
ベトナムのお土産 │ 海外旅行戦利品
ベトナムのお土産を解説付きでまとめています。
ベトナムのおみやげ│海外旅行戦利品
ベトナムの食べ物のお土産を紹介しています。一部レシピ付。

管理人メモ

【本日の予定】
08:00 ホーチミン到着
16:30 ホーチミン出港
カーニバルパーティー
船内新聞「Today」より
【今日の天気】
天候 曇りと雨
気温 25℃~33℃
海 荒め

スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください